親子島留学

記事一覧(22)

第2回 京都・美山町との交流授業

\京都のお友達と再会した日/  ◆ クマの山と、カニの海。 先日、夏にいちど遠隔交流授業をおこなった京都の美山小学校の子どもたちと画面越しに再会しました。 回を重ねるごとに心の距離も近くなっていて、授業が始める前には教室に貼ってある美山小の子どもたちの
顔写真をながめて名前を呼んでみる光景も^^ 今回は、美山小学校の子どもたちが
より地域を深く知るためにホームステイをしたり、農業について学んだり、クラスメイトで「会社」をつくって
部署ごとに事業を考えてみたりしながら学んだことを発表してくれました。互いに質問やアドバイスなどをやりとりする中で、「美山にはクマがいますが海士町にはいますか」「え!クマ?!クマはいませんがカニが出るよ!」
と身近な動物の自慢しあいっことなったり。 「美山には農家さんがこだわってつくった美山ブランドの野菜やお米があるよ」といえば「海士にも有名な天川の水(湧き水)とか、本氣米とか岩がき春香があるね」と自分の町の誇れるものをつぶやいてみたり。個人的に面白かったシーンを一つ。 ・美山では農家さんの顔は身近に感じられても、農作物そのものについては町外流通が多いこと。・海士ではたとえば「給食で○○さんの野菜」というふうに島内消費を日常的に感じていること。その対比を、子どもたちが自ら考えた質問のやりとりによって
理解していたのが印象的でした。 次回は3学期。今度は海士町の子どもたちが
年度末の「子ども議会」に向けて探求を重ねて発表する番です。

海士の子たち、
美山小学校のみんなに海士町の良さが伝わるように
がんばって学習しようねー!  (小学校コーディネーター・浅井)

いのちの学習

\いのちについて学習しました/◆「羊水ってあったかくて気持ちいいんだね」5-6年生の「いのちの学習」のために
本土から看護師さんが来てくださいました。看護師さんが、子どもたちに一つずつ洗面器を配ります。そこにお湯を張って「靴下を脱いで足湯をしてみて」。何かと思えばそのお湯は、妊娠中のお母さんの
お腹の中の羊水と同じくらいの温度だそう。羊水ってこんなにあったかいんだ。
生まれる前、こういう感じだったんだね。 その後、人気アニメのキャラクターのセリフを題材に 「アサーション」についても学習しました。 「アサーション」とは、自分も相手も大切にする表現方法。 一人ひとりが大切ないのち。
自分にとっても、ほかの誰かにとっても大切な存在。 自分を大切にすることは
相手を大切にすることにつながるってことを学びました。 * * * * * 
授業がおわってから、ステキなおまけの時間が。 もうすぐ赤ちゃんが生まれる担任の先生のお腹に、 看護師さんが持って来ていた聴診器をあてて
赤ちゃんの心臓の音をかわるがわる聴いてみたのです。
「ゴォゴォいってる!」「なんか雷の音みたーい」 普段できない経験にちょっと興奮気味の子どもたちなのでした。 (小学校コーディネーター・浅井)

柔らかくうつくしい「炭色」

\海士町には、離島だけど森がある/ ◆ 炭をつくって、森と少しだけ仲良くなりました。  海士町は離島。なので海のイメージが強いかもしれませんが、島を1周すればすぐにわかるように「山」「林」「森」を感じる場所です。湧き水も湧いています。その水量は1日400トン。 昨日、福井小学校に本土から森の専門家の方が来てくださり、
5-6年生が「森」について勉強しました。島根県の森林面積は、全国で3位……を僅差で山梨県にゆずり今は全国で4位だそうです。 ・雑木林はどんどん木を切って人の手を入れることがだいじ。(同じ天然林でも守るべき「原生林」とはちがいますよ) ・今は人が仲良くしてくれなくて森がグレちゃっている。海士町の森をもっと素敵な森にしていくのはみんなの力。森を見る目がだいじ。ほったらかしの森林というのは良くない。 ・福井小学校の学校林は手入れがされていてとっても元気。あの学校林を一つのモデルにしていくといい。 ・昔のように森と付き合おう。人間にとって森はとってもだいじ。なぜならきれいな「空気」と「水」と「土」を生み出す源だから。 こんなふうに教えていただきました。 「島根の人たちは昔から木を切って炭にしてそれを売って暮らしていましたよ」 「だから島根の森の中にはいたるところにたくさんの炭窯があるんです」

というお話も。「炭に親しむ」ということで、松ぼっくりやドングリを「飾り炭」にするワークショップも。なんとも柔らかくて美しい黒! 
普段から「海士町」というふるさとを学ぶ機会は多くあっても、「島根」という枠組みからモノを見ることは少ないような気がします。本土のしまねと「森」というキーワードでつながれた時間になりました。  

おそわって、たすけあって、まじりあって。

\おそわって、たすけあって、まじりあって/◆ 絶景を背に、1~6年までみんなで鬼ごっこ!「ないものはない」の海士町。レジャー施設はもちろん小学生が楽しめる大きな公園などはありません。でもそのかわり、海があります。山もあります。というわけで、小学生の遠足の行き先はここ☟◎明屋(あきや)海岸http://oki-ama.org/information/242.html山間の道路をのぼりくだり、美しい海岸へ。学年ごとじゃありません。1~6年生、全員で行きます。低学年は上級生に手を握ってもらい、5キロ強の道のりをてくてく頑張って歩きます。最後の15分は「先生まだ~?」「あとなんぷん~?」と言いながらぶじ到着。遠足と言えばお弁当(^^♪ ……かと思えば、いえいえ「ないものはない」笑。お昼ご飯も自分たちで作ります。ご飯を炊いて、みそ汁をつくって。野菜の切り方を6年生に教えてもらう3年生。夏のキャンプで鍛えた火おこし技術を披露する5年生。お米の水の量がわからない子がいても、先生は教えません「(夏の本気キャンプを経験した)5年生の○くんに聞いてみたら?」と上級生を頼らせます。お皿洗い係、みそ汁混ぜ係、鍋を運ぶ係。全員に役割がありましたが、ふと耳にしたある女の子のひと言に、すごいなぁと思いました。「○ちゃんと、私はお皿洗い係だね!最初はすることないから(ほかの人を)手伝えばいいよね~」普通に。当たり前のように。ちょっとしたことかもしれないけれど協力して助け合おう、ってことがサラッと言える彼女はすてきだなぁ、と。絶景を眺めながら、年齢の大きい・小さい関係なくみんなで鬼ごっこや草すべりを楽しんで持ってきたお菓子を分け合う子どもたち。おそわって、たすけあって、まじりあって。こんな遠足を経験できる子どもたちがうらやましくもあり、ここで子育てするのって、やっぱりいいなあ……と改めて感じた秋の一日でした。(小学校コーディネーター・浅井)